トップ  >  お売りください  > 媒介契約の種類

媒介契約の種類

不動産会社に物件の売却を依頼する際に結ぶ契約を「媒介契約」といいます。
媒介契約には特徴の異なる3種類があり、それぞれ「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」がございます。


「専属専任媒介契約」
1.1つの不動産会社にだけ売却依頼をします。複数の不動産会社と契約を結ぶことはできません。
2.お客様自身で購入希望者を見つけた場合も直接契約を結ぶことはできません。
3.専属専任媒介契約を締結した不動産会社は指定流通機構「レインズ」に売却する物件情報を
  媒介契約締結から5日以内に登録します。
4.専属専任媒介契約を締結した不動産会社はお客さまに1週間に1度以上活動報告を行います。

 

「専任媒介契約」
1.1つの不動産会社にだけ売却依頼をします。複数の不動産会社と契約を結ぶことはできません。

2.お客様自身で購入希望者を見つけた場合は直接契約を結ぶことも可能です。
3.専任媒介契約を締結した不動産会社は指定流通機構「レインズ」に売却する物件情報を
  媒介契約締結から7日以内に登録します。

4.専任媒介契約を締結した不動産会社はお客さまに2週間に1度以上活動報告を行います。

 
「一般媒介契約」
1.複数の不動産会社に売却依頼が可能です。
2.お客様自身で購入希望者を見つけた場合は直接契約を結ぶことも可能です。

3.専任媒介契約を締結した不動産会社は指定流通機構「レインズ」に売却する物件情報を
  登録します(期限はありません)。

4.一般媒介契約では不動産会社は売主さまへの業務活動報告の義務はございません。

 


◆媒介契約比較表

  専属専任媒介契約 専任媒介契約 一般媒介契約
売却依頼先 1つの会社のみ 1つの会社のみ 複数の会社可
自己発見取引 ×
不動産会社の
義務
成約するために積極的に販売活動を努力する義務有り。媒介契約締結日から5日以内に指定流通機構(レインズ)への物件情報を登録する義務有り。 成約するために積極的に販売活動を努力する義務有り。媒介契約締結日から7日以内に指定流通機構(レインズ)への物件情報を登録する義務有り。 登録すると決めた場合、指定流通機構(レインズ)への物件情報を登録する義務有り。
活動報告の
義務
1週間に1回以上は、文書(メールも可)による報告義務有り。 2週間に1回以上は、文書(メールも可)による報告義務有り。 なし
メリット 他社で契約になるリスクが無い為、広告費用をより多く使うなど、早期成約に向けて販売に力を入れる傾向有り。 他社で契約になるリスクが無い為、広告費用をより多く使うなど、早期成約に向けて販売に力を入れる傾向有り。 任意の複数会社に依頼する事ができる。
デメリット 媒介契約を締結した不動産会社にしか依頼できない。自分で見つけてきた買主との取引が出来ない。 媒介契約を締結した不動産会社にしか依頼できない。 他社で契約になるリスクが有る為、広告費用をあまりかけなかったりする傾向有り。


レインズ「REINS」とは
レインズとは、Real Estate Information Network System(不動産流通標準情報システム)のそれぞれ頭文字を取った略称であり、国土交通大臣の指定を受けた公益法人である不動産流通機構が運営しているコンピュータ・ネットワーク・システムの事です。 不動産流通機構の登録している不動産会社が「売り出している物件の情報」や「成約した物件の情報」等の不動産情報を取得したり、逆に情報提供を行ったりするシステムで、各不動産会社間で相互にリアルタイムで情報交換しています。 こうして各不動産会社はレインズに登録された物件情報を買主さま、売主さまに提供できるのです。